野球チームの監督

野球における監督の仕事とは?

野球チームには必ず監督という存在がいるものですが、この人は一体どのような仕事をしている人なのでしょうか。
実際にグラウンドでプレイするのは選手たちなので、一見必要ないかと思いますが、実は非常に重要な役割を担っている人なのです。
基本的には野球では、どの選手を使うか、またいつ使うかということは監督が決めていきます。
つまり、野球をしていく上で重要な事はすべてこの人が決めていくと言っても過言ではないのです。
先発を誰にするか、代打はいつ送るか、守備固めはするかしないか、細かいところまで決めていきます。
また、打者にサインを送って一球一球の対応を指示する場合もあります。
バットを振るか振らないかまでも、この人の考え一つなのですからとても重要な仕事です。
ゲームをコントロールしますから、負けたときにはその責任をすべて背負込むことになります。
責任を取る地位にある人物だと言って間違いがないです。
チームが低迷しても選手はクビになりませんが、監督がクビになるのはそのせいです。

プロ野球チームの監督になるためには

プロ野球チームの監督は、数千万円から時には一億円以上の年俸がもらえる非常にやりがいのある仕事です。
ですが、誰でもなれるというものでもないので、この地位につけるのはほんの一握りの成功者だけだと考えていいでしょう。
まず、基本的には元プロ野球選手であることが求められます。
まったく野球の経験がない人は、普通はこの業界に入ることすらできません。
現役時代にいい成績を残せば残すほど、球団からコーチの仕事を回してもらいやすくなりますし、数年コーチや二軍監督をしてから、一軍のトップに就任するのが通常のコースです。
現役時代にあまり活躍出来なかった人よりも、実績や人気があった選手の方が、より選ばれやすいのは当然のことです。
そのほうが選手もついて来やすいですし、ファンも支えてくれますから、成功しやすいです。
監督が誰かによってファンが球場に足を運んでくれるかどうかも変わってきます。
責任は大きいですが、やりがいも大きな仕事です。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>