トレーニングの基礎

グラウンドがなくても野球のトレーニングは可能

野球は専用のグラウンドでやるものですが、実はトレーニングだけならグラウンドがなくても大丈夫なのです。
北海道の高校球児たちは冬の間グラウンドが使えませんから、ランニングや筋力トレーニング、シャドーピッチングやトスバッティングを中心にメニューを組んで練習しています。
これらさまざまな方法があるので、別にグラウンドがないということはそれほどデメリットにはならないのです。
確かにフリーバッティングや守備練習、ベースランニングはグラウンドがあったほうがいいですが、そういった練習はごくごく一部に限られます。
野球に大切なことは、実はちょっとしたスペースがあればできてしまうのです。
素振りなどをする時間のほうが、フリーバッティングをする時間より多く取るのは普通ですから、デメリットはさほど気にしなくてもいいでしょう。
自宅ででもできるトレーニングがたくさんあるので、できるだけ取り入れて日常的に練習ができるようにしておくほうが上達は早いです。

野球のトレーニングの基礎となるのはランニング

ランニングは、野球のトレーニングの基礎となります。
足腰が強くなければ、ピッチングもバッティングも上手くできることはないのです。
とくにピッチャーは走りこみが何よりも重要だという認識で一致していますし、プロの選手も多くが走り込みを行って調整をしているという現状があります。
実はあまり球数を投げないほうが、肩にはいいとされていますから、一週間のうちピッチング練習をするのは一日か二日ぐらいでもいいのです。
残りの時間はひたすらランニングをするなりしておくのが最も故障しない効率のいい方法になります。
他にも体幹トレーニングや筋力トレーニングを組み合わせることでより効果は高まることでしょう。
バランス感覚を養う訓練をすることも重要です。
実際打ったり投げたりというのは、あまりしなくていいのが野球というスポーツなのです。
これは野球が総合的な能力を必要とする球技だからこそ言える特徴です。
科学的な見解に基づいてどういう練習をするのか考えるのがいいでしょう。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>